日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

英国議会

2017年7月1日(土) 掲載

 英国の最高立法機関で、国王(女王)、上院、下院の3者で構成される。上院は貴族院とも呼ばれ、終身制で無給。貴族や英国国教会主教ら約800人で構成する。下院は選挙で選ばれ、定数650、任期5年。原則、下院が優先される。英国総選挙は下院議員の選挙を指し、単純小選挙区制だ。
 1選挙区で最大得票者を選ぶため、大政党に有利で英国流の二大政党制を支える仕組みとなっている。現在の二大政党は保守党と労働党。首相は女王が任命し、閣僚は上下両議員の中から首相の指名に基づき女王が任命する。
 保守党は17世紀に貴族や地主らを支持層として誕生したトーリー党が前身。労働党は1900年に労働組合や社会主義団体などの連合体として結成された。1997年総選挙で労働党が18年ぶりに政権を奪還し、3期続けて政権を担ったが、2010年総選挙で保守党が第1党に。ただ過半数は取れず、第3党の自由民主党と連立政権を組み、長年の二大政党制が崩れた。15年総選挙は保守党が過半の議席を獲得した。