日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

日中首脳会談

2019年11月2日(土) 日本経済新聞 朝刊

相次ぐ開催、関係改善を確認
 習近平(シー・ジンピン)国家主席は2020年春に国賓として来日し、安倍晋三首相と日中首脳会談を開く。両氏は12月下旬にも中国で開く日中韓首脳会談に合わせて、会談を調整する。相次ぐ会談で、関係改善が進んでいるとの認識を確認する。会談は6月に20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の出席のため習氏が来日して大阪市内で開いて以来だ。
 首脳会談の実現は関係改善の証しだ。12年に日本が沖縄県・尖閣諸島を国有化して日中関係が冷え込むと、首脳会談の開催は途絶えた。14年11月、安倍首相と習氏がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて約3年ぶりに正式に会談した。その後も国際会議の機会に合わせて会談を重ね、首相は18年10月に日本の首相として7年ぶりに中国を公式訪問した。
 日本と中国は1972年の日中共同声明で国交正常化した。08年には「戦略的互恵関係」の包括的推進に関する日中共同声明をまとめた。日中間に横たわる歴史問題を事実上棚上げし、環境・省エネ分野や人的交流、北朝鮮問題など双方が「果実」を得られる分野で協力を進める考え方だ。18年には日中平和友好条約締結40周年の節目の年を迎えた。