日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

スマートタウン

2018年2月15日(木) 日本経済新聞 朝刊

生活インフラ、ITで管理
 生活インフラの管理にIT(情報技術)を使い、省エネルギーや生活の質を高めることをめざす次世代型の都市や街のこと。家庭やオフィスの電力需要を分析するスマートメーター(次世代電力計)や、太陽光などで発電した電池を蓄える蓄電池を活用。電力消費量や環境への負荷を抑える。
 エネルギー以外にも多様な場面でITを駆使しているケースがある。具体的には、交通渋滞の予測データをもとに信号機を制御して渋滞を緩和したり、センサーを活用して水質や騒音、大気汚染度を監視したりする。自動運転車の導入を目指す例もある。都市の競争力向上につなげ、優秀な人材を呼び込む効果も狙う。
 スマートタウンへの関心が高まっている背景には、今後世界の人口が都市部に集中すると予測されていることがある。国連の推計によると、世界の都市人口は現在、全人口の5割強だが、2050年には7割弱に増える見込みだ。