日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

国内損保の再編

2018年1月29日(月) 日本経済新聞 朝刊

3メガに集約、シェア9割に
 国内損保の再編は金融危機後の2000年以降に相次いだ。02年の東京海上ホールディングス発足を機に、メガ損保に集約する動きが加速。現在は東京海上HDのほか、MS&ADインシュアランスグループホールディングス、SOMPOホールディングスの3メガ体制が確立された。3メガ損保で国内シェアの9割を占めるとされている。
 一方、小規模ではあるものの、インターネットや電話で手軽に加入できるネット損保も同時期に台頭。ソニーフィナンシャルホールディングス傘下のソニー損保のほか、3メガ損保もそれぞれ傘下にネット損保を持つ。保険料の安さを強みに若年層などから一定の契約を得ているが、赤字のところも多く、収益は厳しい。
 国内損保市場は人口減や若者の車離れを背景に、主力の自動車保険などの成長が期待できない状況だ。各社ともサイバー保険など新種保険の開発を急いでおり、補償需要の掘り起こしが急務になっている。