日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

米ダウ工業株30種平均

2020年11月26日(木) 日本経済新聞 朝刊

銘柄、時代の変化映す
 1896年から算出が始まった米国の株価指数。公益と不動産を除く業種から、米国を代表する30銘柄の株価を基に構成する。米ダウ・ジョーンズが発行するウォール・ストリート・ジャーナル紙で、株式市場の動向を表すために12銘柄の株価平均を掲載したのが始まり。銘柄数は段階的に増え、1928年に30になった。
 米国の株式市場をけん引する巨大IT企業のうち、採用されているのはアップルとマイクロソフト。アマゾン・ドット・コムやアルファベットは採用されていない。金融ではゴールドマン・サックス、消費財ではコカ・コーラ、資本財ではボーイングなどが採用されている。
 30銘柄の内訳は産業構造の変化に合わせ入れ替え、算出開始当時の銘柄はすべてない。直近では2020年8月に顧客管理のクラウドサービスを手掛けるセールスフォース・ドットコムなどが採用され、エネルギー業界を代表するエクソンモービルが除外された。1928年から採用されていたエクソンの除外は、市場で時代の変化の象徴と受け止められた。