日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

民進党代表選

2017年8月22日(火) 日本経済新聞 朝刊

地方議員も参加
 民進党の最高責任者を決める選挙。投票権は(1)党所属の国会議員144人(2)国政選挙の公認予定者128人(3)地方議員1543人(4)党費や会費を納めた全国22万8753人の党員・サポーター――。
 計856ポイントの獲得を巡って争う。内訳は国会議員が1人あたり2ポイント、公認予定者は同1ポイント。地方議員票は209ポイントに換算し、候補の得票に応じ比例配分する。党員・サポーター票は231ポイントに換算。都道府県ごとに集計し、各都道府県に付与したポイントを比例配分する。
 ポイント数で最も比重が高いのは国会議員(288ポイント)。ただ党員・サポーターと地方議員を合わせると全体の過半数を占めるため、代表選の勝敗は「地方票」が握ると言える。