日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

アジアインフラ投資銀行

2015年5月22日(金) 日本経済新聞 朝刊

中国主導、57カ国が参加表明
 アジア太平洋地域のインフラ整備を支援するために中国が国際社会に呼びかけ設立しようとしている国際金融機関。AIIBは「Asian Infrastructure Investment Bank」の略称で、中国・北京に本部を置く。現時点では57カ国が参加を表明しており、年内発足を目指している。
 世界の中でも高い経済成長が続くアジアで膨らむインフラ需要への対応を目的に掲げる。アジアのインフラ需要は2010~20年で8兆ドル(960兆円)に上るとされる。迅速な審査をうたっていることが発展途上国の支持を集める背景にある。日米は無理な融資による焦げ付きや環境破壊を懸念し、参加の是非を留保している。
 アジアにある国際金融機関としては日米を中心に1966年に設立したアジア開発銀行(ADB)がすでにある。開発による貧困の減少を目指してインフラ投資も支援してきたが、融資の焦げ付き防止や環境への配慮を過度に重視するあまり、機動性に欠けているとの声も途上国側にあった。歴代総裁はすべて日本人で、中国側は運営に主体的に関われないことに不満を持っていたとされる。

試してみる もっと知りたくなったら日経をはじめてみませんか。1週間、日経を無料でお届けします。