日経の読み方から資産運用、ビジネスまで 4946セミナー

読み方講座をはじめ、投資やキャリアアップなど
さまざまなテーマによる講座を全国で開催しています。

チラシなどに記載されている、セミナー番号をお持ちの方はこちらから

  • 地域から探す
  • セミナータイプから探す
  • 日付順から探す

◆ビジネスに「即効チャージ」◆
日経Wアカデミー「仕事塾in福岡 マーケティング力で先を読む!」

マーケティング思考を身につけることでビジネスの先読み力を鍛える――。
東京や大阪で好評だった日経Wアカデミー「仕事塾」を福岡でも開きます。福岡会場の講師は赤羽雄二氏(「ゼロ秒思考」著者)や池田千恵氏(朝6時代表取締役)、国田圭作氏(博報堂行動デザイン研究所所長)ら。効率的なビジネスの進め方からマーケティングの新潮流、情報の収集術までを1日で学びます。
限定70名の貴重な機会です。ぜひご参加ください。

●受講者の方には、Lesson1の赤羽雄二氏著書「速さは全てを解決する」を会場にてプレゼントいたします!
※各講演タイトルは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

▼Lesson1
13:00~14:20
速さは全てを解決する--「ゼロ秒思考」の仕事術
講師:赤羽雄二氏(ブレークスルーパートナーズマネージングディレクター)

仕事のスピードアップは生産性だけではなく、仕事の質の向上にも大いに役立ちます。できるビジネスパーソンの基本です。ところが、仕事をスピードアップしたいと思っても、実際に仕事が速くなったという人になかなか会うことができません。本もいろいろ出ていますが、肝心なところはあいまいです。
今回のセッションでは、背景として、日本企業が今どういう状況なのか、今後10年、何が起きるのか、仕事がどう変わるのかをご説明した後、その中で生き抜いていくために、仕事のスピードをどうやって何倍にも上げていくか具体的な工夫について余すところなくお話します。
・ 仕事をどんどんスピードアップする
・ それに必要な情報力の大幅強化
・ 即断即決、即実行へのチャレンジ

一方的な講義ではなく、具体的なノウハウのご説明の後、参加者の方々に
・ 仕事が遅い本当の理由
・ 仕事のスピードを3倍にするには
・ 会議コストを1/5にするには
・ 自信を持って取り組むには

などをA4メモ、アイデアメモに下記、意見交換をしていただきます。また、通常20回以上の質疑応答もしますので、理解が深まりますし、自信がつきます。

やってみて質問がある場合は、メールをいただければすぐにお返事します。「仕事のスピードアップ」のすごさ、楽しさを全員に実感していただけると思います。
▼Lesson2
14:30~15:50
スッキリ定時退社するための「朝イチ2時間」
自分働き方改革

講師:池田千恵氏(朝6時代表取締役)

本来の「働き方改革」とは、会社に勤める全員が生き生きと働き、かつ会社も成長するような仕組みをつくることです。しかし、言葉の定義が曖昧なため、国も、会社も、従業員も、同じゴールを目指そうというところまでいっていないのが現状です。

その結果、「働き方改革」が「働かせ方改革(経営側の一方的な押し付け)」や「休み方改革(今やっている仕事内容の改革ではなく、週休○日やインターバル制など、どうやったら休むことができるかに議論がすり替わる)」の意味で使われるようになっています。国、会社、働く人、お互いの行動が、どうもちぐはぐな中、 私たちはどうしたらよいのでしょうか。

私は、上からのトップダウンの変革を待つのはリスクが高いことだと考えています。なぜなら、変革を待つ数年の間、会社は制度を整えることに精一杯で、私たちのキャリアアップを支援してくれる余裕があるとは思えないからです。

会社が変わる前に自分自身が変わっていかないと、一番先に割を食うのは、真面目に創意工夫をしながら仕事をしている私たちです。

そんな状況の中、自分ひとりから始められる、自分の刃を研ぐ、来たる時代に備えるための「自分働き方改革」を、朝イチの時間を見直すところからはじめましょう。

朝は自分の意思次第で自由に使える唯一の時間です。朝を制することが、自分働き方を制することに繋がるのです。

今回の講座では、
・朝の戦略的な活用法
・そもそも朝早起きできるための工夫
・朝イチにすべき仕事/避ける仕事
・生産性を上げるための朝イチのひと工夫
など、明日からすぐ実行できる働き方改革について解説いたします。
▼Lesson3
16:00~17:20
人を動かすマーケティングの新潮流
講師:国田圭作氏(博報堂行動デザイン研究所所長)
▼Lesson4
17:30~18:40
分かる!使える!役に立つ!
日経MJで鍛えるマーケティング発想力講座

講師:高橋健三氏(スマイルマーケティング代表取締役、なにわのマーケティングコーチ)
日時 6月9日(土)
13:00~18:50(開場12:30)
会場 日本経済新聞社西部支社6階 「大会議室」
福岡県福岡市博多区博多駅東2―16―1
定員 70名(先着順) 【申込締切】6月5日(火)17:00
※定員等の都合により、締め切り前にお申し込みいただいてもご参加をお断りする場合がございます。ご了承ください。
主催 日本経済新聞社販売局/日経メディアプロモーション
テキスト 1)日本経済新聞(2018年6月~8月末日のお届け)
※日本経済新聞のお届けは6月1日以降、順次開始させていただきます。
※既に日本経済新聞をご自宅でご購読中の方には日経産業新聞を3カ月間、もしくは日経MJを6カ月間お届けします。

2)講師テキスト

※講師がテキストを使用しない場合がございます。予めご了承ください。
受講料 16,500円(税込み)
※テキストとしてお届けする新聞購読料は受講料に含まれます。
※日経電子版のご利用も希望される方は、受講料に追加3,000円(税込み)で、3カ月間ご利用いただけるプランもご用意しております。こちらは、他のキャンペーンとの併用ができかねますので、お確かめの上、お申し込みください。
※お申し込み受付後、受講料払込用紙をお届けします。コンビニエンスストア、郵便局より一括にてご入金願います。
※法人様宛のご請求書・領収書の発行も可能です。ご希望の場合は日経Wアカデミー事務局までお申し出ください。
講師プロフィール  <Lesson1・2> ◆赤羽雄二氏
東京大学工学部卒業。小松製作所に入社し、ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級過程を修了。1986年にマッキンゼーに入社。1990年には、マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げる。2002年、ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。ベンチャー経営支援、中堅・大企業の経営改革、経営幹部育成、新事業創出に取り組んでいる。 著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』『ゼロ秒思考[行動編] 即断即決、即実行のためのトレーニング』『マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング』『世界基準の上司』『頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方』『世界一シンプルなこころの整理法』『頭を前向きにする習慣』『7日で作る事業計画書』『もうこれで英語に挫折しない』『マンガでわかる! マッキンゼー式リーダー論』『アクションリーディング』『すごい成果をあげているリーダーが実行している40の習慣』『入社3年塾』『3年後に結果を出すための 最速成長』『最少の時間で最大の成果を上げる 最速のリーダー』がある。
>> 講師のプロフィールはこちら

◆池田千恵氏
福島県生まれ。二度の大学受験失敗を機に早起きに目覚め、半年の早朝勉強で慶應義塾大学総合政策学部に入学。以来、就職活動30社落選、20代で窓際社員の危機などの挫折のたびに早起きの成功体験を思い出し逆境を乗り越える。外食企業、外資系コンサルティング会社を経て、2009年 に『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)を刊行。ベストセラーとなり、「朝活の第一人者」と呼ばれるようになる。
早起きによる思考整理/情報発信/時間管理/目標達成手法を著書や講演、企業研修などで紹介した実績をもとに、企業や自治体の朝イチ仕事改善をコンサルティングし、生産性向上の仕組みを構築する「株式会社 朝6時」を起業。朝を戦略的に活用し、売上を向上させる方法を指南している。
>> 講師のプロフィールはこちら
講師プロフィール  <Lesson3・4> ◆国田圭作氏
1959年生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。1982年博報堂に入社。以来、一貫してプロモーションの実務と研究に従事。2013年より現職。
化粧品、食品、飲料、家電、ビール、自動車などのブランドマーケティング、商品開発、流通開発などのプロジェクトを手掛ける。2006年に行われた第53回カンヌ国際広告祭の部門賞(プロモライオン)で日本代表審査員を務める。
著書として、「行動デザインの教科書」(すばる舎)「幸せの新しいものさし」(共著:PHP研究所)がある。
>> 講師のプロフィールはこちら

◆高橋健三氏
なにわのマーケティングコーチとして、誰にでもわかりやすいと評判の講演を年間約50回以上実施。企業、行政、大学、商工会議所、JC等での講演多数。大阪府「なにわマーケティング大学」講師。大阪市「商業パワーアップ事業」講師。グロービスオリジナルMBAプログラム修了。著書に『もう安売りしかないと思う前に読む本』(セルバ出版)『コンサルタントが使っているフレームワーク思考法』(中経出版)がある。日経MJの記事をヒントにしたコラム「ちょっと気になる4P戦略」をメルマガで配信中。
>> 講師のプロフィールはこちら

申し込み