むずかしいニュースこそ、「見て」学ぼう 全図解ニュース解説

その時気になる経済ニュースを、写真や図解を使いながらわかりやすく解説するコーナーです。

ニュースとニュースのつながりや、過去から現在への流れ、
そして今後への影響などを「立体的」に理解することができます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

テーマペットビジネスの最新事情を知る

いまや市場規模が1兆4000億円を超えるまでに成長したペット関連ビジネス。ペットを家族の一員とする考え方が定着し、一緒に楽しむレジャーや旅行プラン、ペット向けの保険や葬儀など、関連サービスは多様化しています。最近はペットの高齢化が進んでおり、企業はそれに伴う新たな需要を取り込むために商品開発や売り場作りなどを急いでいます。今回はペットビジネス拡大の経緯や関連業界の最新動向などについて解説します。

1. ペットの家族化で市場が拡大(1)

1. ペットの家族化で市場が拡大(1)

 ペット関連ビジネスはペットそのもの(生体)の販売のほか、ペットフード、ペット用品の大きく3つに分けられます。近年はペット用の美容室やホテル、医療などのサービスも大きく伸びています。ペット関連ビジネス全体の市場規模は拡大し続けており、矢野経済研究所によると2014年度は13年度比0.4%増の1兆4285億円になる見通しです。

2014年10月20日掲載