むずかしいニュースこそ、「見て」学ぼう 全図解ニュース解説

その時気になる経済ニュースを、写真や図解を使いながらわかりやすく解説するコーナーです。

ニュースとニュースのつながりや、過去から現在への流れ、
そして今後への影響などを「立体的」に理解することができます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

テーマ今年は「エルニーニョ現象」が発生?~異常気象の原因と天候の景気への影響を知る

気象庁は2014年の秋に、世界各地に異常気象をもたらす「エルニーニョ現象」が発生する可能性が高いと予測しています。エルニーニョが発生すると日本では冷夏になることが多く、消費を冷え込ませ、農作物の生育などに悪影響を及ぼす恐れがあります。今回は天候の長期予測やエルニーニョの発生メカニズム、異常気象の景気への影響について解説します。

1. 気象庁が向こう1カ月や3カ月の天候を予測

1. 気象庁が向こう1カ月や3カ月の天候を予測

 国内の気候の長期予測は、気象庁が全国各地の気象台・観測所や気象衛星などから集めた気象観測データを基に、気温・降水量・天候などの見通しを「1カ月予報」「3カ月予報」などとして発表しています。これを「季節予報」といいます。
 6月に発表された14年7~9月の3カ月予報は、今夏の全国の平均気温をほぼ平年並みとしています。

2014年7月21日掲載