時間がない人、
忙しい人こそ日経!

Point 1
時間をかけないのがコツ!

読者アンケートによると、日経を読む平均時間は30分未満と答えた方が60%以上です。

出典/日本経済新聞読者調査 2020年
1日平均閲読時間
Point 2
見出しを見るだけでも経済がわかる!

日経の見出しを順に追うだけでも、その日の重大なニュース、経済の動きがわかるように作られています。

人事・研修担当者・営業責任者の方へこんなお悩みありませんか?

日本経済新聞を教材にして、
日本および世界の経済ニュースに対する理解を深めることができます。
日経の記事を通じて、世の中の動きやビジネスの流れを読み取る力をつけ、
ビジネスマンとしてのモチベーションの向上を図ります。

そこで日本経済新聞社が、貴社のビジネス研修をお手伝いします。まずはお気軽にご相談ください。

講師は日本経済新聞社社員又は関連会社社員が担当します。

日経読み方講座とは

日本経済新聞を教材にして、日本および世界の経済ニュースに対する理解を深めます。
日経の記事を通じて、世の中の動きやビジネスの流れを読み取る力をつけ、ビジネスパーソンとしてのモチベーションの向上を図ります。

「信頼性・一覧性・分析力」
新聞の特徴をフルに活用!!
  • 読みこなしテクニック

    新聞記事の基本構成や紙面の読み方をわかりやすく解説

  • 経済の数字の読み方

    数字(経済指標)から日本経済の状況などを解説

  1. Webで
    お申し込み
  2. 開催日時・
    場所・人数・料金
    の決定
  3. 日経
    読み方講座
    開催

webでお申し込みいただいたあと、ご担当者さまとの打ち合わせにより、詳細(日時、会場、参加人数・料金など)を決定し、対応させていただきます。

※講座の時間は60~90分です。また、講師の指名には対応できません。

※ご希望の日時に添えない場合がございます。予めご了承ください。

※原則として、1回の受講人数は10名以上とさせていただきます。

※会場は貴社でご用意ください。オンラインでの開催も可能です。

※開催基準に満たない場合はお断りさせていただくことがございます。

※当日は関連会社社員が同行する場合がございます。

日本経済新聞社が
社員研修のお手伝いを
承ります!
まずはお気軽にご相談ください。

講師は日本経済新聞社社員又は関連会社社員が担当します

『日経読み方講座』
実施企業の声

    • ・何故読むのかを知ることで、その関連情報に意識が向くようになった。
    • ・自分にとって興味がなくても、取引先や将来にかかわる可能性を考えて読む、という活用法に納得した。
    • ・日本経済新聞だからといって経済のことだけ示しているのではなく、様々なニュースを経済の視点から見ていることを実感した。まさにビジネスマンの教科書だ。
    • ・ビジネスの流れを読み、そこからの展開を考えることを意識して読むことの大切さを知った。
    • ・読み方を変えるだけで読みやすさが変わることに驚いた。
    • ・雑談が本当の雑談ではなく、商談につなげるための雑談力の必要性を知ることができた。
    • ・ニュースの背景を読み取り、自社への影響を考えることの大切さを感じた。
    • ・知りたいニュースだけでなく、知るべきニュースを追いながらビジネスにつなげたい。
    • ・事実・背景・今後という見方をするとスピードもあがり内容もとらえられると思った。

よくあるご質問

  • 料金はいくらですか。
    参加人数や開催場所などに応じて変動いたします。多様なプランの中から、ご希望に合う最適なプランをご提案いたしますので、一度ご相談ください。
  • 参加人数は何人以上ですか。
    原則10名以上の受講をお願いしていますが、まずはお問い合わせください。
  • 会場は自社の会議室で大丈夫ですか。
    はい。 貴社でご用意いただいた部屋で実施させていただきます。
  • 日時の都合を聞いてもらえますか。
    できる限り日程調整させていただきます。まずはお問い合わせください。
  • 勉強時間はどのくらいですか。
    基本は60分~90分です。ご希望に添える形で対応いたします。
  • 社員が50名以上いるのですが。
    貴社で開催できるスペースがあれば開催できます。
  • 何回かに分けて開催してもらえますか。
    できる限りご希望に添えるよう調整いたします。
  • 研修内容のリクエストは可能ですか。
    できる限りご希望に添えるよう調整いたします。
  • 実施した会社の感想は?
    非常に満足していただいております。社員のビジネス力アップにつながるとの声をいただいており、ある企業様からは新入社員向け研修として、毎年開催依頼をいただいております。
  • オンラインでの開催も可能ですか。
    可能です。開催方法に関してもご気軽にご相談ください。