日経の読み方から資産運用、ビジネスまで 4946セミナー

読み方講座をはじめ、投資やキャリアアップなど
さまざまなテーマによる講座を全国で開催しています。

チラシなどに記載されている、セミナー番号をお持ちの方はこちらから

  • 地域から探す
  • セミナータイプから探す
  • 日付順から探す

◆日経金融シンポジウムin大阪◆ 
~地域金融の未来を考える~

日銀の初代FinTechセンター長を務めた京都大学公共政策大学院教授の岩下直行氏、池田泉州ホールディングス取締役社長CEOの鵜川淳氏、融資ファンドを手がけるトパーズ・キャピタル代表取締役社長の新村健氏をゲストとしてお招きし、マイナス金利やフィンテックへの対応、地域金融としての融資のあり方や人口減少時代の地域活性化など、地域金融のこれからについて考えます。

入場無料。皆様のご応募をお待ちしております。

なお、講演タイトルは予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

第一部・基調講演
(18:30~19:30)
「フィンテックの発展と地域金融機関の未来」

<講師>
岩下直行氏 (京都大学公共政策大学院教授)
第二部・鼎談
(19:45~20:45)
「地域金融機関の今後の方向性について」

<パネリスト>
鵜川淳氏 (池田泉州ホールディングス 取締役社長CEO
      池田泉州銀行 取締役頭取CEO)
新村健氏 (トパーズ・キャピタル 代表取締役社長)
小栗太 (日本経済新聞社編集局編集委員兼キャスター(前日経ヴェリタス編集長))
 
岩下直行氏プロフィール 1984年日本銀行入行。94年日本銀行金融研究所に異動し、以後15年間、金融分野における情報セキュリティ技術の研究に従事。同研究所・情報技術研究センター長、日銀下関支店長、決済機構参事役、金融機構局審議役・金融高度化センター長を歴任。2016年4月新設されたFinTechセンター初代センター長に就任。17年3月日本銀行退職。同年4月京都大学・公共政策大学院教授に就任。同年6月PwCあらた有限監査法人スペシャルアドバイザーを兼務。同年8月金融庁参与を兼務。
鵜川淳氏プロフィール 1980年池田銀行(現池田泉州銀行)入行。2006年執行役員、10年池田泉州銀行執行役員、11年取締役に就任。12年池田泉州ホールディングス取締役に就任。14年池田泉州銀行常務取締役、16年取締役専務執行役員就任。18年6月池田泉州ホールディングス代表取締役社長兼CEO、池田泉州銀行代表取締役頭取兼CEOに就任。現在に至る。
新村健氏プロフィール 1986年日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。産業調査部、ストラクチャード・ファイナンス部を経て、2000年にメリルリンチに入社、キャピタル・マーケット・オリジネーション、デット・リストラクチャリング業務等に従事。銀行の資本調達・リスクアセット削減案件、銀行大口融資先の私的整理(ADR)アドバイザイリー案件等に携わる。12年トパーズ・キャピタル創業に関わり、代表取締役社長に就任。現在に至る。
日時 4月10日(水)
18:30~21:00(開場18:00)
会場 朝日生命ホール
大阪市中央区高麗橋4丁目2番16号 大阪朝日生命館8階
定員 300名
※応募者多数の場合は抽選となります
主催 日本経済新聞社販売局/日経メディアプロモーション
受付締切 4月9日(火)12:00 ※好評につき締切を延長致しました。

※応募者多数の場合は抽選となります。
※当選発表は招待券発送あるいはメール送信をもってかえさせていただきます。

このセミナーの受付は終了させて頂きました。