ビジュアル・ニュース解説

温暖化ガス排出削減、一気に目標高く

2021.6.7 掲載
温暖化ガス排出量を2050年までに実質ゼロにする目標を明記した改正地球温暖化対策推進法が2021年5月に成立しました。政府は脱炭素を実現するため同年4月、温暖化ガス排出量を30年度に13年度比で46%削減する目標を掲げ、これまでより削減幅を大幅に拡大しました。ただ、目標達成への道筋を明確に描けているわけではなく、対策の具体化が急務となっています。今回は脱炭素化の現状と課題について解説します。

3.脱炭素の切り札の水素、利用拡大で高いコスト下げがカギ

3.脱炭素の切り札の水素、利用拡大で高いコスト下げがカギ
 ただ、褐炭からつくる水素や、天然ガスからつくるアンモニアはいずれも製造過程でCO₂が出ます。そこで、排出されたCO₂を回収し地下深くに貯留して実質ゼロにする技術の開発が進められています。日揮や石油資源開発(JAPEX)など約30社が連携し16年から、北海道の苫小牧港内でCO₂の地下貯留の実証実験をしています。
 水素利用の機運が高まっていますが、これまではコストの高さが妨げになってきました。政府は30年ごろに年30万トンを輸入し、調達コストを1N立方メートル(ノルマルリューベ=標準状態での気体の体積)あたり30円に下げることを目標としていますが、現状はその3~5倍で同13円程度の液化天然ガス(LNG)と比べ7~12倍の開きがあります。しかし、水素を大量に消費できる仕組みができればコストを下げられます。火力発電所の水素100%発電への切り替えのほか、家庭やオフィスビル、商用自動車での燃料電池の利用拡大など、官民挙げての研究開発やインフラ整備が求められます。
2021年6月7日掲載