ビジュアル・ニュース解説

患者それぞれに最適治療をするがんゲノム医療始動

2020.3.16 掲載
日本人の死因第1位の病気、がん。この病気を対象とした画期的な医療として期待されるのが、患者それぞれのがんの遺伝子の変化を調べて最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」です。2019年6月から遺伝子の検査に公的保険が適用され、本格的にスタートしました。今回はがんゲノム医療の仕組みや治療体制などについて解説します。

2.患者の遺伝子変異を一度に調べるがん遺伝子パネル検査

2.患者の遺伝子変異を一度に調べるがん遺伝子パネル検査
 がんの主な治療法には手術、化学(薬物)療法、放射線療法の3種類があります。かつては手術ががん治療の中心でしたが、近年は化学療法や放射線療法が進歩し、がんの種類やステージ(病期)によっては高い効果があげられるようになりました。化学療法では従来、胃や肺、肝臓、血液など、がん細胞が発生する臓器ごとに使う抗がん剤が決まっていましたが、がんとゲノムの関係の研究が進み、同じ種類のがんでも患者の遺伝子の違いによって、薬の効き具合や副作用の有無が異なることが分かってきました。
 がんゲノム医療は患者のゲノムに適した効果的な治療をするもので、オーダーメード医療のひとつです。がんゲノム医療では採取したがん細胞の膨大なゲノムを高速で読み取る装置「次世代シーケンサー」を使い、114~324種類の遺伝子変異を一度に調べる「がん遺伝子パネル検査」を実施。その結果を踏まえ、医師や専門家の会議「エキスパートパネル」で最適な治療法を検討し、治療する病院に提案します。「がんゲノムプロファイリング検査」とも呼ばれるこの検査は2019年6月から公的保険が適用され、患者は費用56万円のうち1~3割程度の自己負担で検査を受けられるようになりました。
 がん患者の遺伝子を調べて治療法を決めることはこれまでも行われていましたが、遺伝子変異を1つずつ調べるため複数の遺伝子を調べるには時間がかかるうえ、検体試料が足りなくなる問題がありました。
 がん遺伝子パネル検査の結果はがんゲノム医療の推進拠点である国立がん研究センターの「がんゲノム情報管理センター(C-CAT)」に集められて解析・活用され、新しいがんの治療法・治療薬の開発などにつながると期待されています。
2020年3月16日掲載