ビジュアル・ニュース解説

もうひとつの地球を探せ~太陽系外惑星について知る

2017.8.7 掲載
太陽のまわりを地球などの惑星が回っていますが、惑星には太陽以外の恒星のまわりを回る太陽系外惑星もあります。その中には大きさや重さなどが地球とよく似た惑星があり、2017年2月には米航空宇宙局(NASA)が地球とおなじくらいの大きさの7つの太陽系外惑星を発見。その一部に生命に欠かせない水が存在する可能性があり、地球外の生命が見つかるかもしれないとの期待が高まっています。今回は太陽とその周囲を回る天体からなる太陽系の基礎知識や、太陽系外惑星の観測の経緯、NASAによる観測結果とその意義について解説します。

2.太陽のまわりを回る惑星などからなる太陽系(2)

2.太陽のまわりを回る惑星などからなる太陽系(2)
 太陽の直径は約140万キロメートルで地球の約109倍、質量と体積はそれぞれ地球の33万倍、130万倍です。主に水素とヘリウムからできており、その中心の核で水素がヘリウムに変わる熱核融合反応によって発生する膨大なエネルギーで、表面温度は約6000度、中心部は1500万度もの高温になっています。
 地球以外の他の惑星ではまだ生命は確認されていません。惑星が生命を育むには、表面に水が液体の状態で存在することが必要です。惑星の表面温度は恒星との距離に左右され、近すぎると水が蒸発し、遠すぎると凍ってしまいます。水が液体のまま存在する、生命が生きていくのに適した領域をハビタブルゾーンといいます。地球は太陽系でハビタブルゾーンに位置したため、多くの生命が生まれました。太陽系では火星もハビタブルゾーン内にあるため、生命存在の可能性が指摘されています。
2017年8月7日掲載