ビジュアル・ニュース解説

ビル解体ラッシュ到来~高層ビル解体の最新技術について知る

2014.4.21 掲載
1970~80年代に建設された高層ビルが相次ぎ建て替え時期を迎えています。都市部でのビル解体工事は周囲への影響が大きく、単純に圧砕・粉砕するわけにはいかないため、ゼネコン(総合建設会社)各社は静かに美しく壊すビル解体工法の開発を競っています。今回は日本における高層ビル建設の歴史を振り返るとともに、ゼネコン各社が誇る高層ビル解体の最新技術について解説します。

3. 「だるま落とし」のように下から解体

3. 「だるま落とし」のように下から解体
 従来の高層ビル解体工事はまず地上にタワークレーンを設置。それで解体用の重機を最上階につり上げ、建設時とは逆に上から壊していくのが主流でした。これに対し、鹿島はジャッキで建物全体を支えながら、「だるま落とし」のように下の階から解体する「鹿島カットアンドダウン工法」を開発しました。この工法だと地上付近で作業するため、粉じんの飛散や騒音を抑えられます。屋根を最後に壊すため現場が雨にぬれずにすみ、内装材のリサイクル率は従来の50%程度から90%以上に高めることができます。
 同社は2007~08年の東京・元赤坂の旧本社ビル2棟(第1棟=17階、65メートル、第2棟=20階、75メートル)の解体工事に、12年には東京・大手町の「りそな・マルハビル」(24階、108メートル)の解体工事にもこの工法を採用しました。
2014年4月21日掲載