新着!きょうのことば

在庫

2023.12.5(火) 掲載
過剰なら現金収支悪化
 企業が仕入れや生産などに伴って抱える資産のこと。原材料や仕掛かり品、完成品などが含まれる。棚卸し資産として貸借対照表に計上され、製品を売ることで現金化される。在庫を1日あたりの売上原価で割ることで、在庫が何日で販売されるかを示す「在庫回転日数」を求められる。
 在庫をたくさん持てば欠品による機会損失を防げる。一方で過剰な在庫はキャッシュフロー(現金収支)を悪化させる。管理コストの増加や、品質劣化などによる製品の価値低下につながるリスクもある。製造業では新型コロナウイルスの感染拡大後の在庫増加が本業の現金収入の重荷になっている。
 従来は効率性を追求する大企業も多かったが、新型コロナ禍後の供給網混乱を受け、万が一に備えて戦略的に在庫を積み増す流れが広がった。ただ供給網の正常化が進むにつれ、効率性重視の戦略に回帰する動きもみられる。