日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

テレマティクス保険

2015年3月1日(日) 掲載

 テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)が融合したテレマティクス技術を使った自動車保険。個別の運転情報をもとに保険料を決めるのが特徴だ。自動車に設置した端末から走行距離や運転速度、急発進や急ブレーキの回数などの情報を集め、事故のリスクを割り出して保険料を算定する。
 走行距離連動型(PAYD=Pay As You Drive)と運転行動連動型(PHYD=Pay How You Drive)があり、欧米で保険料が割高な若者を中心に普及し始めた。リスクに応じて細かく保険料を設定できるため、安全運転を促して事故を減らす効果があるとされている。
 調査会社の富士経済(東京・中央)によると、2014年の世界のテレマティクス保険の市場規模は保険加入数で1100万、年間保険料で約1兆6000億円。英ボックス・イノベーション・グループや米プログレッシブが先行しており、運転情報と事故の関係などのデータも蓄積しつつある。欧米を中心に市場拡大が続く見通しだ。