日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

キャッシュレス決済

2018年10月1日(月) 日本経済新聞 朝刊

日本、比率2割にとどまる
 紙幣と硬貨を使わない決済方法のこと。(1)あらかじめ入金する「プリペイド」(前払い)(2)デビットカードやQRコードなど預金口座から直接引き落とす「リアルタイムペイ」(即時払い)(3)クレジットカードに代表される「ポストペイ」(後払い)――に大別できる。カードに加え、スマートフォンによる決済も普及している。
 現金志向が強い日本はキャッシュレス決済の比率が約2割と海外より低い。都内でクレジットカードを使える飲食店は3分の1程度にとどまるとの調査もある。経済産業省によると、韓国は約9割、中国は6割、米英も5割前後に上る。政府は2025年までに4割まで高める目標を掲げている。
 増え続ける訪日外国人客の利便性を損ねているとの指摘もある。経産省の調査報告書は「現金しか使えないことに不満を持つ外国人観光客は4割存在する」と指摘。カード支払いができるよう環境を改善しなければ、外国人の消費需要を取りこぼし、1.2兆円規模の損失が発生すると試算している。