日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

ITビッグ5

2018年2月12日(月) 日本経済新聞 朝刊

米の時価総額上位5社
 米国で時価総額上位5社のアップル、アルファベット(グーグルの持ち株会社)、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック。いずれも米西海岸に本拠を置き、ベンチャー企業やハイテク企業の多いナスダック市場に上場している。アップルは故スティーブ・ジョブズ氏ら、マイクロソフトはビル・ゲイツ氏らが1970年代に創業した老舗。パソコン開発などを手掛け「マッキントッシュ」「ウィンドウズ」などのヒット製品を送り出しIT(情報技術)時代幕開けの旗手となった。
 98年創業のグーグルは検索エンジン大手として成長し、動画共有サイトのユーチューブなど有力ベンチャーを次々に傘下におさめた。パソコンに代わって主役となったスマートフォン(スマホ)では、グーグルのアンドロイドとアップルのiOSが2大基本ソフト(OS)として世界シェアの大半を占めている。
 ジェフ・ベゾス氏が94年に興したアマゾンは書籍通販などから出発し現在は動画配信や生鮮食品配送など多角化。2004年創業と5社の中で最も若いフェイスブックはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大手で月間利用者数は20億人を超える。