仕事や生活の悩みを解決!

目的に応じて情報を収集

わかる!日経

wakaru! NIKKEI

お得な利用料金で、便利さ大幅アップ
日本経済新聞・電子版セット活用術

日本経済新聞

  • 記事の重要度がひと目でわかる
  • 短時間で効率的な情報収集
日本経済新聞イメージ

併用すれば
さらに便利

日経電子版

  • 24時間タイムリーな情報収集
  • 欲しい情報をキーワードで探せる
日経電子版イメージ

日経電子版の便利な機能

マルチデバイス

いつでもどこでもお好みのスタイルで。ひとつのIDでパソコン、スマートフォン、タブレットなど複数の端末が利用できます。保存した記事などは、すべての端末で閲覧できます。

自宅では紙の新聞、移動中はスマートフォンやタブレット、オフィスではパソコンと、シーンに合わせたスタイルで読めます。

タブレット・スマホイメージ

キーワードで探す

過去の記事をキーワードで検索できます。対象期間の絞り込みも可能。気になる話題の関連記事を探したり、投資先・就職先企業のリサーチをしたりと、目的に応じて活用しましょう。

記事を検索したいときは、キーワードを入力して「記事」ボタンをクリック。

検索イメージ

記事を保存

気になる記事を見つけたら、「保存」ボタンをクリックするだけで手軽にスクラップできます。後でじっくり読みたい記事や、企画のヒント、裏付けになる記事を見つけたら、どんどん保存しましょう。

保存したい記事の「保存」ボタンをクリック。

記事画面イメージ

自動収集機能を活用

「フォローする」ボタンをクリックすると、連載やコラムの新着情報を漏らさずチェックできます。また、登録キーワード機能で興味のあるニュースや企業の記事を自動収集できます。

気になる連載・コラムをフォロー。新着情報を漏らさずチェック。

自動収集機能イメージ

さらに充実の活用ポイント

キーワード登録機能
自分に必要なニュースを集めるのに便利なのがキーワード登録機能です。新着記事を自動でクリッピングして、読み逃しを防げます。
便利な投資ツール
詳細な株価チャートをはじめ、株式投資・投資信託の選別や比較分析に役立つ便利なツールが用意されています。
関連記事まとめて読み
記事の下に関連キーワードが表示されます。リンクから過去の関連記事をまとめてチェックできるので、ニュースの経緯や背景を詳しく調べられます。
日経電子版限定コラム
星野佳路氏ら著名企業人が本音を明かす人気コンテンツ「経営者ブログ」をはじめ、日経電子版でしか読めない独自コラムが満載です。

毎月の新聞購読料にプラス1,000円

日本経済新聞・電子版セット

新聞購読料+1,000円の5,900(月額税込)

  • 一部地域では5,000円となります(料金は2017年11月時点のものです)
  • 日経電子版のみのご購読基本料金:月ぎめプラン 4,277円(月額税込)

日本経済新聞・電子版セットで
さらにおトクに!
読者限定サービス日経STUDYUM

美術館・イベントなど無料招待・割引/会員限定セミナー開催/書籍・グッズなどプレゼント

日経STUDYUMは「学ぶ、楽しむ、参加する」をテーマに知的好奇心を刺激するきっかけを提供する読者限定サイトです。美術展やコンサート、セミナーへのご招待や書籍などを抽選でプレゼントしています。
日本経済新聞・電子版セットをご購読の方ならすべての特典にご応募できます。

日経STUDYUMについて

ページトップへ