むずかしいニュースこそ、「見て」学ぼう 全図解ニュース解説

その時気になる経済ニュースを、写真や図解を使いながらわかりやすく解説するコーナーです。

ニュースとニュースのつながりや、過去から現在への流れ、
そして今後への影響などを「立体的」に理解することができます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

テーマ超高精細テレビ「4K」「8K」時代が幕開け

解像度がそれぞれフルハイビジョンの4倍、16倍の超高精細テレビ技術「4K」「8K」。2018年12月からBS・CSで4Kの実用放送が始まります。これに先立ってテレビメーカー各社は4K対応テレビの販売に力を入れており、17年12月にはシャープが国内初の8K対応の液晶テレビを発売。総務省は東京五輪が開かれる2020年を目標に普及を目指しています。今回は4K・8Kテレビの特徴や放送業界・メーカーの動向、普及に向けた課題などについて解説します。

1.ハイビジョンをはるかに上回る映像表現力(1)

1.ハイビジョンをはるかに上回る映像表現力(1)

 4Kと8Kは次世代の超高精細テレビ技術です。Kは1000を意味し、4Kはテレビ画面の横方向の画素数が約4000、8Kは同約8000であることを示します。
 4Kと8Kの特徴はこれまでのハイビジョンをはるかに上回る映像表現力です。画素数だけでなく色域や階調が大幅に拡大することで、より緻密で自然に近い鮮明な映像表現ができます。表示速度が速いので、動きのあるスポーツなどの映像もなめらかに再現できます。画面に近づいても画像の粗さが気にならず、画面の見える範囲が広がって臨場感のある映像を楽しめます。このため、50型以上の大型テレビの普及につながると期待されます。

2017年12月4日掲載