むずかしいニュースこそ、「見て」学ぼう 全図解ニュース解説

その時気になる経済ニュースを、写真や図解を使いながらわかりやすく解説するコーナーです。

ニュースとニュースのつながりや、過去から現在への流れ、
そして今後への影響などを「立体的」に理解することができます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

テーマ決算のしくみについて知る

証券取引所に株式を上場する企業は3カ月や1年ごとに、業績や財務状況を決算として開示します。上場企業の2017年3月期の連結決算は、売上高は円高が進んだ影響で前の期に比べ微減となりましたが、純利益は2年ぶりに過去最高を更新しました。今回は決算の概要や読み解くポイント、上場企業の17年3月期決算のあらましと今後の業績見通しなどについて解説します。

1.上場企業が業績や財務状況を開示

1.上場企業が業績や財務状況を開示

 上場企業が投資家向けに業績や財務状況を開示する決算には1年に1度、決算期に行う本決算と、3カ月ごとに行う四半期決算があります。その内容はおおむね1カ月半後までに「決算短信」として発表されます。国内では4月から翌年3月までを1年度として3月に本決算をする企業(3月期決算企業)が最も多く、その決算短信が出るのは4月から5月にかけてです。

2017年6月5日掲載