全図解ニュース解説

今週のアクセスNo.1

GDPって何?……国内総生産の基礎知識

日々のニュースを深く理解することが、
未来を読み解くことにつながります。気になるニュース、きちんと説明できますか?

たとえばこんなこと

  • ニュースと自分の日常が
    上手くつながらない
  • ニュースの裏側
    どうなっているか知りたい
  • ニュース一つひとつの
    関係性
    がつかめていない

そんなあなたには、日経がおすすめ!

日経なら

ニュースを1歩深く理解できる!

読んで納得「真相深層」

経済や社会の旬のニュースを、深く掘り下げて解説するコラムです。今起きているニュースについて「なぜ起きたのか」「どうなりそうなのか」をその分野に詳しい編集委員や担当記者が基礎から解説。複雑なニュースも、このコラムを読めばすっきりと理解できます。

「真相深層」紙面

2016年7月21日朝刊▶

手続きカンタン!

まずは無料で7日間試し読み

※お申し込みいただいてもご購読の義務はありません。

さらに

“1歩深く”理解できるだけじゃない!

ここも日経ならでは!

ビジネスリーダーの貴重な意見・体験談が読める!

  • 話のネタに「私の履歴書」
  • キャリアアップに「私の課長時代」
  • 社長の考えに触れる「ニュース一言」

優れたビジネスの先輩たちのインタビュー記事を多数掲載。成功事例だけでなく、失敗談や苦労話なども紹介されているため、あなたの仕事に大いに参考にできるはずです。

「私の履歴書」紙面

実例を通して新たな視点が身につく「私の課長時代」▶
2016年12月6日朝刊

手続きカンタン!

まずは無料で7日間試し読み

※お申し込みいただいてもご購読の義務はありません。

でも

日経ってどうやって読めばいいの?という方に

初めての方も安心!

TRY!日経10分読み

1.短時間で読むのが、続けるコツ!

日経の読者アンケートによると、日経を読む平均時間は30分未満と答えた方が半数以上です。つまり、短い時間でムリなく読んでいます。

50%以上が30分未満

出典/日本経済新聞読者調査
2015年 1日平均閲読時間

2.見出しの“拾い読み”でOK!

記事は全文読む必要ありません。見出しを順に追うだけでも、その日の重大なニュース、経済の動きがわかるように作られています。

見出しだけでわかる

2015年10月26日朝刊

3.気になった記事だけ読んでみる!

日経は最初の3行程度でニュースのポイントがつかめるように書かれています。あなたの興味があるところから読む習慣を身につけましょう。

まずはここだけ読めばOK

2015年10月23日朝刊

それでも

読めるか不安…というあなたに

手続きカンタン!

まずは無料で7日間試し読み

※お申し込みいただいてもご購読の義務はありません。

トップへ戻る