新聞プラス電子版で、日経を120%使いこなそう! 日経Wプラン活用術

新聞購読料にプラス1,000円で電子版が読める日経Wプラン。
新聞と電子版をあわせて使えば、これまで以上に日経の読み方が広がります。

《新聞の特徴》記事の重要度がひと目でわかる! 面ごとのテーマにそって記事が読める! 思いがけないニュースの発見がある!

《電子版の特徴》1つのIDでさまざまなデジタル端末から利用できる! 記事と記事を関連づけて読める! 記事の検索がかんたんにできる!

電子書籍も読める! Wプラン会員の方は年2冊の電子書籍がダウンロードできるようになりました。

※電子書籍は、日経ストアで扱う「日経e新書」シリーズ(一部対象外)の中から選べます。※7月1日時点でWプラン会員の方は12月末まで、1月1日時点でWプラン会員の方は6月末まで、各1冊をダウンロードできます。ダウンロード開始は、対象の方にメールでお知らせします。※ご利用の際には、日経ストアへの利用開始登録(無料)が必要です。

日経e新書

「新聞」+「電子版」がこれからの日経スタイル

あの記事が載っていたの、いつの新聞だったかなぁ…。

そこで新聞+電子版

過去に読んだ記事の検索が簡単にできます。

電子版ならニュースの検索が簡単。昔の記事や国内外の企業情報など、過去5年間の情報をスピーディーに収集可能。また、記事の閲覧履歴をたどってニュースを探すこともできます。

わが家は、親子で日経Wプラン!

そこで新聞+電子版

1つの電子版IDで、さまざまなデジタル端末から利用できます。

同居の場合、お父さんは紙の新聞、お子様は電子版をスマートフォンやタブレットで、といった読み方も可能です。

ライバル会社のニュースだけは、ぜったいに読み逃せない!

そこで新聞+電子版

「Myニュース」では、個人の設定にあわせてニュースを集めてお届けします。

登録したキーワードを含む記事をもれなく表示する「キーワード」や、お気に入りの連載・コラムの記事が簡単に読める「フォロー」など、便利な機能で記事の読み逃しを防げます。

え、仕事中に、そんな大ニュースが?!

そこで新聞+電子版

速報ニュースをいち早くメールでお知らせします。

重要ニュースをいち早くキャッチできる「速報メール」や、Myニュースの新着記事を知らせてくれる「Myニュースメール」など、さまざまなメールサービスをご利用いただけます。

毎月の新聞購読料に+1,000円 PCでもスマホでもタブレットでも

新聞と電子版に、年2冊の電子書籍がついたお得なプラン

朝・夕刊セット版地域にお住まいの方 購読料5,383円(月ぎめ・税込み)/全日版地域にお住まいの方 購読料4,568円(月ぎめ・税込み)

日経Wプランのお申し込み

  • ※「日経Wプラン」は個人の宅配定期購読者向けプランのため、法人契約での購読には適用されません。
  • ※セット版、全日版はお住まいの地域で決まります。
  • ※Wプランでは1月、7月に1冊ずつ、日本経済新聞社の電子書籍を提供します。
  • ※海外にお住まいの方は、日経Wプランの対象外になります。
  • ※購読お申し込み後の無料期間中に電子版を解約した場合、1カ月分の購読料金が発生します。
  • ※紙面内容などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※問い合わせ先:日本経済新聞社 顧客サービス本部 http://s.4946.jp/faq/