日経の読み方から資産運用、ビジネスまで 4946セミナー

読み方講座をはじめ、投資やキャリアアップなど
さまざまなテーマによる講座を全国で開催しています。

チラシなどに記載されている、セミナー番号をお持ちの方はこちらから

  • 地域から探す
  • セミナータイプから探す
  • 日付順から探す

地域金融に詳しい多胡氏と横浜銀行頭取の川村氏が登壇
◆日経金融シンポジウム2018~地域金融の明日を考える◆

マイナス金利による収益悪化や、金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックの台頭、そして業界再編の機運の高まりにどう向き合えばいいのか……。
地域の金融機関は現在、課題山積みの状態です。本シンポジウムでは金融庁政策評価委員などを務める多胡秀人氏と、横浜銀行頭取の川村健一氏をゲストとしてお招きし、「処方箋」をじっくり考えます。

入場無料。皆様のご応募をお待ちしております。

なお、講演タイトルは予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

第一部・基調講演
(18:30~19:30)
「今後の地域金融のあり方」

<講師>
多胡秀人氏
(地域の魅力研究所 代表理事、金融庁「金融仲介の改善に向けた検討会議」メンバー)
第二部・鼎談
(19:45~20:30)
「地域金融が目指すべき未来と人材育成」

<パネリスト>
多胡秀人氏
(地域の魅力研究所 代表理事、金融庁「金融仲介の改善に向けた検討会議」メンバー)
川村健一氏 (横浜銀行 代表取締役頭取)
玉木淳 (日本経済新聞社 編集局経済部次長)
 
多胡秀人氏プロフィール 島根県出身。1974年一橋大学商学部卒業。東京銀行(現 三菱東京UFJ銀行)、外資系銀行、コンサルタント会社を経て、2011年より現職。山陰合同銀行社外取締役、みちのく銀行指名・報酬検討会議議長、浜松信用金庫非常勤理事、全国信用組合連合会特別顧問。
金融庁 政策評価委員、「金融機能強化審査会」会長代理、「金融仲介の改善に向けた検討会議」「金融モニタリング有識者会議」メンバー。
経済産業省 「商工中金あり方検討会議」「ローカルベンチマーク活用戦略会議」委員。
川村健一氏プロフィール 1982年横浜銀行入行。2012年同執行役員、2013年同取締役に就任。リスク管理部門等の担当を歴任。2015年常務執行役員として経営企画部門、IT統括部門を担当。2016年コンコルディア・フィナンシャルグループ取締役、横浜銀行代表取締役頭取に就任。現在に至る。
日時 4月19日(木)
18:30~20:30(開場18:00)
会場 一橋大学一橋講堂
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
定員 500名
※応募者多数の場合は抽選となります
主催 日本経済新聞社販売局/日経メディアプロモーション
受付締切 4月10日(火)10:00

※応募者多数の場合は抽選となります。
※当選発表は招待券発送あるいはメール送信をもってかえさせていただきます。

このセミナーの受付は終了させて頂きました。