日経就職お助け隊コーナー銀のアンカー 番外編 日本経済新聞を活用しよう!

日経活用アンケートリレーインタビュー

就活生活はどうしているの? 読めば役立つ!! 日経活用アンケート2008 発表!! 内定を獲得した先輩100人に日本経済新聞の活用法についてアンケートを実施しました。先輩内定者が日経をどのように活用したか? ここで発表!

「内定者100人に聞きました」アンケート結果発表!

Q1.エントリーした会社の数は? 平均64.5社
関心のある企業にはどんどんアクセス! 100社以上は31%、10以下は9%という結果。興味をもった企業には、積極的にエントリーするのが今どきの就活スタイルです!

Q2.試験を受けた会社の数は? 平均21.7社 Q3.内定獲得数は? 平均2.3社
日経読者は、着実に内定をゲット! 61%の人が複数内定をゲット。いちばん多かった人は、なんと7社から内定を獲得していました。日経パワー恐るべし!

image ※出典:(株)ディスコ「就職活動に関する調査」2005年6月実施


内定者からの読み方アドバイス
見出しとリードを拾い読み。
「これは!」と思う記事は、その場で破いて保存。
忙しい平日は無理せず、休日にまとめて読む。
「少子高齢化」など自分なりにテーマを決めて読む。
時事問題対策に社説を毎日400字で要約。

Q4.日経の読み方は? 自分に必要な面を読む 72.7% すべての面を読む 28.3% 1日に日経を読む平均時間 28.0分
毎日30分でも効果アリ。自分に必要な情報から読もう! すべての紙面に目を通すより、自分に必要な情報をピックアップしている人が多い結果に。
Q5.日経をスクラップした人 76.5% Q6.そのうち、毎日した人 45.1%
就活の成功は紙面のスクラップから。 内定を勝ち取った先輩たちが実践してきた記事の目的はあくまで効率的に情報を入手すること。だから「きれいにやらなければ」などと思わず、自分に合った方法で気軽に始めてみよう!

内定者の声
BtoB企業の発見に役立った。
比較記事に注目し、企業の強み弱みを分析した。
リクルーターに「今日の日経の気になったニュースは?」と聞かれバッチリ答えられた。
社長インタビューを会社分析に役立てた。

Q7.日経が最も役立ったシーンは? 1位 業界研究  63.4% 2位 面接 16.8%  3位 企業選び 14.9%
日経は、就活の最初から最後までバックアップ! この結果からも、内定者はさまざまなシーンで日経を活用していたことが分かります。
日経は就活の初期段階から最終面接まで役立つ上、早くから始めるほど、それだけ効果があるという事なのです。

就活生への応援メッセージ

ここまで紹介してきた日経の活用方法を、みんなの就活に役立てください。
そして、先輩の声や活用法を参考に、自分なりの読むスタイルをどんどん見つけていってみよう。
読んでいて最初は難しいと感じるかもしれないけど、焦らないで、読んでいくうちに、着実に力になると思います。
「日経就職サクセスweb」はそんな就活生を応援しています!

ページのTOPへ