日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

貿易保険

2017年9月2日(土) 日本経済新聞 朝刊

海外案件の損失を補填
 日本企業が外国企業に商品を輸出したり海外プロジェクトに資金を融資・出資したりする場合の損失に備える保険。戦争やテロ、自然災害、為替取引の禁止といったリスクに対する保険と、輸出先の破産や契約不履行といった「信用危険」をカバーする保険などがある。
 海外の事故発生率や損害額の予測や計算が難しいため民間保険会社では引き受けにくく、政府が全額出資する日本貿易保険(NEXI)が手掛けている。損失が発生した場合、NEXIは企業から集めていた保険料から保険金を支払う。
 政府はインフラの輸出額を2020年に30兆円と10年の3倍に伸ばす目標を掲げ、官民を挙げて案件の獲得を進めている。NEXIも保険でカバーできる期間を長くしたり、企業の為替リスクを抑えるためにドル建ての保険を新設したりするなど、支援を相次ぎ拡充した。インフラ需要が伸びる新興国での案件も増えており貿易保険の重要性は一段と高まる一方、引き受けるリスク量も増加の一途をたどっている。