日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

エネ高度化法

2017年8月25日(金) 日本経済新聞 朝刊

効率よい石油精製を推進
 省エネや電気自動車(EV)の普及、人口減少などで国内の石油需要が年1~2%ずつ減るなか、効率よく石油精製などを進めるために経済産業省が2009年に制定した法律。石油元売り各社に、付加価値の高いナフサやガソリンなどの生産体制を強化するよう求める。従わなかった場合は勧告や業務改善命令を出す。
 高度化法に基づき、経産省は告示で各社に改善を求める具体的な目標を設けた。期限を13年度末とした第1次、16年度末とした第2次では、元売り各社の精製処理能力に対し、石油を精製したあとに残った「残油」から専用装置でガソリンなど付加価値の高い製品を造る能力の比率を高めることを求めた。装置の整備には費用がかかるため各社は精製能力全体の削減で対応し、製油所の閉鎖や業界の再編につながった。
 21年度末を期限とした今回の第3次では、そうした装置での処理量を増やすことを求める。装置の増強などが求められ、企業間での提携強化や製油所の一段の再編につながる可能性がある。